2017年5月14日日曜日

明日に架ける橋

四半世紀を越えた 
気仙沼市民の願いが叶った 気仙沼大島への架橋工事

NHK総合テレビでも 特集を組まれたが
先日 高い場所からどのように見えるかを確かめたくて
直線で12kmほどの場所を訪れた
空気中に靄がかかった状態での撮影だったので
持参した機材では これが限界
・・・大島にかかるアーチ状の白い橋が分かるだろうか

写真では分かりにくいが 大島との間に瀬戸があり
上の地図(yahoo)の丸で囲んだ部分に 架けられた

数年後には もうひとつ大きな橋がかかるが
それは 大島にかかるのではなく
三陸海岸を走る自動車専用道路で

1枚目の写真の視点では 大島への橋の直ぐ下
内湾に架かる 新たな橋の工事が進んでいる

近々 この工事状況についても 
カメラを持ってスナップを撮りに行こうと思う


内湾に大きな橋が2本となると
風景も見応えのあるものになるだろうし
また 美しい夜景も想定される

今後の観光資源のひとつとしても
願わしいものになるだろう

今年4月半ばに現場に行った時は
このような作業の状態だった

その後 現地には行ってないが
今後が楽しみな場所である



2 件のコメント:

  1. クレーン船で橋を架けるという興味からNHKの番組を見ました。
    陸続きの安心感は大きく違うでしょうね。

    でも、まだ通れないですよね?
    早く使えるようになるといいですね。

    返信削除
    返信
    1. kanちゃんさん
      コメントありがとうございます。

      ご覧になりましたか。
      あの番組中では、親類がしっかりと出ていました。
      見ていてびっくりでしたね。

      完成までは時間がかかりますが、島内の方は通勤などで、
      だいぶ楽になりますね。
      ここまでの時間がかかり過ぎました。
      なにせ60年前からの願いですもの。

      削除