2018年4月14日土曜日

待ち焦がれた花が咲くということ

大好きなデンドロビウムが 咲いた

室内で 開花を待っていた花なので 
曇り空で暗く 最高気温が11度ということもあり
外には出さずに室内撮影
昨年は 株が充実しなかったため 開花とはならず 
なので 2年ぶりの開花となった

文句なしの 美しさを味わっている

ところで
ご心配をおかけした 昨日の発熱

先ほども 微熱があったが
昨日ほどではなく 
少しばかり安堵

どうやら 肩の炎症によるもの思われる

経過を見て
通院しようと思う



2 件のコメント:

  1. 優しいですね。咲いたのですね。
    美しいと思う前に「優しッ」と思いました。
    美しいです。

    インフルエンザでなくて、よかったですね。
    微熱って、けっこう寒気がしますよね。
    お大切に。

    返信削除
    返信
    1. kaoriさん お気遣いありがとうございます。
      発熱だなんて、何年ぶりか分からないくらいのことでした。
      滅多に熱の出ない私ですから、私以上に妻が驚いていましたね。

      「優しい」というのは的を得た表現だと思います。
      蘭というのは、本当に素敵な花です。たまりませんね。
      開花すると、およそ1か月、開き続けます。
      これもまた、うれしい咲き方です。

      削除