2018年4月8日日曜日

掲載しても 意味のない画像

投稿しても すぐに意味をなさなくなる画像
それは 当市の復興状況

仮に投稿しても3か月ほど経過すれば
写真を撮った場所も まったく別な風景に変わる
もちろん
道路自体も変わっていく・・・・

すべてが途中経過のものとなり 
写真投稿する意味を失っている


普通に暮らしたいという ささやかな願いは
とんでもない規模の土木工事に 打ち消されている

こんな状況を信じられるだろうか?

本当に 未だにこんな状態なのだ


巨大な防潮堤が 
海のある暮らしから 海を拒絶する暮らしに変え

今日も変わらず 
埃と泥と ダンプトラックの排気ガスが
市街地に充満している

もう 写真を出す気にもなれない 
だから ガーデニングに逃げているのかもしれない

買い物に行くと 心が疲弊して帰ってくる日々

戻るとすぐに 咲き始めた庭の花の手入れに逃避する

ここ数日
災害後の精神的なリバウンドが 再び大きくなってきた  


どこかに旅にでも出かけたいが
妻の母親の介護が 突然のように始まり 
当面は旅行どころではなく・・・

せいぜい1泊2日くらいの 温泉宿を楽しんで
帰宅するのが限度になった 

昨年までのような1週間も家を留守にするような
旅行にも行けなくなったのだ 

いずれにせよ
ストレスは増えるばかりの毎日

どうすれば
精神的なバランスを保っていけるのか・・・・

自分でも その答えがみつからない



0 件のコメント:

コメントを投稿