2018年5月1日火曜日

花の入れ替わり・・・5月1日の庭

強い陽ざしに 輝くように咲く花たち

我が家の5月1日の庭は 
ムスカリも終わり チューリップも終わりになりかけている

でも 未だにシバザクラは満開で がんばっている

すると 新たな花たちが 庭の主役になりつつ・・・

ネモフィラ・ファイブスポット

アメリカハナミズキ

プリムラ(サクラソウ)
キラキラと輝く花たちを ご理解いただけただろうか

そして まだ小さな蕾のシャクヤクにアリ

他にも・・・ 

次々と 花たちは 出番を待っている

4 件のコメント:

  1. お花が次々咲いていくのは嬉しい限りですね。
    お花も今とばかりに美しい。
    ハナミズキも、こんなに近くで見たことないのですよ。
    そうですかぁ こんなふうになっているんですかぁ
    アメリカハナミズキだそうで。。この真ん中は蕾で、
    これが、次々咲いていくのですか?
    ハナミズキという名前が、よくわかります。
    ハナが重なって咲くのですね。違ったら恥ずかしい。
    まっ、いいか。日本ハナミズキもあるのですか。。

    返信削除
    返信
    1. kaoriさん コメントありがとうございます。
      ハナミズキはアメリカヤマボウシという別名があり、
      残念ながら、ニホンハナミズキというのはありません。
      ハナミズキは、1900年代初頭に日本がアメリカに親善の証しとして送ったサクラの
      返礼としてアメリカから日本に贈られたのです。
      販売されている苗の品名が、アメリカハナミズキとして売られています。
      なので、ここでは、アメリカハナミズキとして出しています。

      ピンクの花弁は実は花弁ではなく、総苞でして、蕾の皮と言った方がわかりやすいですね。
      日本のヤマボウシとは、花弁(総苞)の形状が少し違います。
      中央の四角い棒状の中に、本来の花が隠れていて、これから咲き出します。
      ハナミズキの名の由来は、ミズキの仲間でありながら、特に花が目立つために付けられました。


      削除
  2. アメリカハナミズキと言ったほうがいいですね。
    これから咲いていくのが楽しみです。
    ハナミズキの名前は、よ~く聞きますが
    詳しいことは知りませんでした。色は白色もありますね。高価ですよね。
    アメリカハナミズキなのですね。アメリカヤマボウシ。
    ひとつもふたつも知りました。ありがとうございます。

    返信削除
    返信
    1. kaori さん 重ねてのコメントありがとうございます。
      私も、調べながら綴っていることも多く、まさに浅学そのものです。
      お恥ずかしい限りです。
      お役に立てたら幸いです。

      削除