2018年1月17日水曜日

阪神淡路大震災の日に

今日は阪神淡路大震災が起きた日
1995年1月17日午前5時46分

あの23年前の今日
早朝のニュースが
完全にブラックアウトしていたことを思い出した

テレビもラジオも
「大きな地震で大規模な被害が・・・
火災も多数発生している模様です」というような
曖昧な表現でしか伝えられて来なかった

それから16年後の
2011年に起きた東日本大震災

あの3月11日のことも思い出した

様々な家庭内の約束事を決め
連絡方法も確認していたにもかかわらず
想定を遥かに超えた被害で   全てが混乱した

家庭内の災害対策は必要だが
どんなに準備を進めても 想定外というものは必ず起きる
常に落ち着いて行動するという心構えが 何よりも必要

とはいえ 2次的な災害を少しでも減らせるよう
今でもなお   次に訪れるだろう大災害に向けて
我が家も対策と準備を進めている


停電した際に   家の中を自由に歩けるようにと
人感センサー付きの乾電池式ライトを
廊下や玄関の要所である3箇所に設置した

緊急時に使う電池は
これまでは単1から単4までの4種類だったが
単3電池のみで統一し
それ以外は混じらないようにしたことで
単3電池だけを  大量に買い置きすれば良いようにした

ガス型のランタンとホワイトガソリン使用のランタンは屋外用にし
室内では電池式ランタンのみの仕様とすることにし
新たに電池式ランタンを2台追加
対流ストーブ(灯油)とガス式発電機も用意

調理用コンロは
コールマンのキャンプ用コンロを屋外の
屋根の下で使用

屋内が危険な場合は
12畳サイズのウッドデッキの上に
2人用テントを設営すれば良い

食品担当は妻
消費期限を確認して   更新を進めている


災害を振り返るのは
次の準備を見直すためであり
悲しみを振り返るのではない

もう    お涙頂戴の番組は要らない

未だに   復旧の混乱が続いている当地方だが
人々の多くは    前を向いて生きている


0 件のコメント:

コメントを投稿