2017年9月7日木曜日

震災後に忘れていたもの 

3.11震災から6年と6か月に ならんとしていますが

次の災害は 悲しいことに国際問題から発生しそうな
いわば人災なのかもしれませんね

毎日のように 報道では 恐ろしいことばかり・・・
そんなに 国民の不安を煽って どうするのでしょう

怖いばかりの 国際問題はさておき・・・


あの震災後に忘れていたものがありました
照明器具です

あの震災の 1か月にも及ぶ 長い停電期間に活躍した 
我が家の照明器具は キャンプ用のガスランタンでした

ガスランタンを家の中で使うのは 
一酸化炭素の問題から かなり危険なことは明白

あの時は 仕方なく 
換気に気を遣いながら使っていましたけど・・・

震災後 あれこれと 災害用品を揃えてきましたが
見事に忘れていたのは 照明器具のことでした

調べてみると LED照明器具が 一足飛びの進化をしていました 

早速 緊急時のLEDランタンの補充をしました
GENTOS  EX-136Sです セミの抜け殻は飾りですね

単3電池6本で Highモード9時間  Midモード18時間
さらには Ecoモードで142時間 キャンドルモードで60時間
という とんでもないほどの長時間

370lm(ルーメン)の明るさ 
しかも1m防水 2m落下耐久という 

大きさはビール500ml缶より少し大きい程度で
ランタンとしては かなり小振り

我が家のリビング・ダイニングは16畳ほどですが
実際に使ってみますと
このランタン1個で 十分に活動できる明るさでした

これで メインとなる非常用照明は 決まりましたが
これだけでは不足です
妻と私が 家の中で持ち歩ける照明も 準備しました


さらには 電池の種類を統一することも進めました

単一 単二 単三 単四という4種類を揃えるのは
あまりに効率が悪いため 
可能な限り単三に統一しています

小型ラジオは 単四使用ですが
極力 単三に揃えることで 電池の無駄が少なくなります

震災後 買い置きしていた単一と 単二電池が 
液漏れでダメになってしまったという 経験からです

そこで 単三電池も かなりの数を揃えました

これでなんとか なんとかなりそうです 


30年周期で発生するといわれる 
次の宮城県沖の大地震が発生するまで 
私が生きているかどうかは分かりませんが 

突然訪れる 災害への準備だけは 
手を抜くわけにはいきませんものね



0 件のコメント:

コメントを投稿