2017年4月6日木曜日

悔しい環境

今日は    風がない

そして
聞こえてくるのは
作業用重機の音だけ

東側の沢向こうの山が崩され
岩を砕いて   砕石を搬出しているのだ

今日の風といえば
歩くように    南から移動してくる

なので   重機の排気ガスが
延々と漂い続け

結果

我が家の庭に出ると
途絶えることのない臭いが   悔しい

フクロウもいなくなった
ムササビもいなくなった
ニホンリスもいなくなった
ニホンカモシカも   久しく姿を見ていない

震災以後   周辺の環境は激変した

豊かな自然林と薫風が好きで
この地に家を建てたのだが・・・

悔しい環境になってきたようだ


2 件のコメント:

  1. ほんとに残念です。
    風の丘の静かな暮らしを思って、その地を選びましたのにね。。。
    夏は木があるのと、ないのでは、ずいぶん違います。
    風の心地よさも木のおかげのような気がします。

    返信削除
    返信
    1. kaoriさん
      悔しさをご理解いただき、ありがとうございます。
      あれだけたくさんあった周囲の樹木が、消えるということは、
      小鳥たちにまでもちろん影響します。
      自然が遠くなった感じがしてなりません。

      削除