2017年4月26日水曜日

国会議員の資質とは?

論語の為政編には
今にも通じるものがある

子曰   視其所以   觀其所由   察其所安   人焉廋哉   人焉廋哉

「先生が言うには  人の値打ちというものは
その人の落ち着きどころを察してみると  分かるというものだ
それは決して  ごまかせるものではない」:  mistyhill訳

はてさて
現在の内閣には
いくら隠しても隠し切れない
そんな可愛い尻尾が出ている方が
いかんせん多いようだ

図らずも昨日   憤ってしまった訳だが

人の上に立って
政(まつりごと)を為すには
常に退路を断ち
潔く身を処して   臨んで欲しいものだと思う・・・・


それにしても   国会議員の歳費(給与)は
あまりに高額ではないかと感じる

ひとりの国会議員に支払われる歳費(税金)は
年間総額約6700万円で
そこから秘書雇用手当と立法事務経費を除くと
実質年収は約3380万円程度ということらしい

国会議員の    この実質年収は
悲しいかな   非正規雇用契約社員の平均年収(約340万円)の
およそ10年分の収入額に相当する

これは世界一高額だそうだ

これでは   日本の国会議員はやめられないだろう
ましてや年齢にかかわらず   この金額

続ければ続けるだけ   自ずと財産は増えるというものだ

これが不遜な国会議員を   産み出してしまう原因なのだろうか・・・

さらにこの歳費は   自分たちで決めることができるというのも
まったくもって   不可思議な話

ちなみに
衆議院議員475   参議院議員242  計717名の国会議員がいるので
歳費総額(全て税金)は単純計算でも約480億4000万円になる

失敗した!
計算するのではなかった

昨日から気分が悪いというのに
ますます気分が悪くなってしまった・・・

2 件のコメント:

  1. 今村さんに限らず、このごろの政治家は(こんなセリフを言う歳だなと今頃実感)自分のために動いてるようにしか見えないんですよね。
    日本のためとか将来のためとか考えてたら、何するにももっと考えた言動するよなって思います。



    すごい金額(--;

    返信削除
    返信
    1. goemonさん
      コメントありがとうございます。
      全ては「名誉と金」に尽きるような気がしますね。
      まずは大幅な歳費削減がなされると良いのですが、
      自ら減らすことなど選ぶはずもないです。

      削除