2017年4月22日土曜日

さくら

さくら便りができる季節になった

主人(あるじ)であった母が
昨年4月に旅立った日と同じように
実家の庭も 昨日 満開となった

一年が過ぎてなお
一向に終わらない実家の片付け

昨日の予定分を済ませたものの
山積した課題による強いストレスが残る

気分転換のために 実家から車で20分ほどの平泉に向かう

平日にもかかわらず   中尊寺入口には
カメラを構えた   多くの観光客の姿が見えた
月見坂周辺の   満開の桜を撮っていたようだ

いつものお気に入りの蕎麦屋に行く
藪蕎麦と
春の山菜(タラの芽 山ウド コゴミ)天麩羅を
なんとも言葉にできないほどのお味で
笑顔になるばかり・・・・

「天麩羅多すぎでしょ!」と思われるだろうが
さらりとした揚げ具合が絶妙

それもそのはず・・・
親方が身体を悪くされたことを機に
揚げ油を徹底的に吟味されたという

帰り道
満開の平泉の桜並木を撮らずに

こんな一枚を撮ってきた





2 件のコメント:

  1. 並んで咲いた桜も美しいです。
    ここよ、ここにも咲いたわよ と言っている桜も美しい。(桜かな?)
    春の山菜も、おいしそう(^^♪サラリとした揚げ具合だそうで。
    ふっと、寂しさもよぎる春ですね。
    さくら~タラの目~ウド~少し癒されますよう(*^_^*)

    返信削除
    返信
    1. kaoriさん
      いつもコメントありがとうございます。
      お気遣いにも感謝いたします。

      実家から離れて暮らしていると、 なかなか作業が進まないものですね。
      仕方ないと諦めてはいるのですが、もどかしい自分にストレスを感じています。

      削除